プロフィール

岡尾 喜久雄

Author:岡尾 喜久雄
淡路市久野々に於ける中山間事業のメニューの中の農業体験(NPO法人サッカー夢クラブ)とイベント(かかし祭り)、EM農法での自然栽培菜園広場、我が家の家庭菜園と掛け稲栽培の活動等を紹介させて頂きます。
又、26年度より、仁井おいしいもの部会立ち上げ、加工品作りの開発と、神戸市元町マルシェへの農産物の出荷を行っています。又、趣味の山登り、花の緑化、アウト・ドア的なものを紹介させて頂きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然農法研修会

”初”淡路島自然農法研修会を行いました

24年9月25日~26日岡尾宅に於いて開催しました。

ねらい
安心安全な食生活を見直すため農業を見直し人間に健康をもたらす農作物を作りましょう。

指導者
自然農法国際研究開発センター
評議員 南 都志男 先生

自然農法の歴史から始まり、苦悩の時代を経て今や多くの人から安心安全な農作物を求められ、法律の整備までされて補助金まで出るようになったと説明を受けました。

P9250179_convert_20120926201803.jpg

この自農栽培は、EM菌を使って土壌改良から進めて行き土の活力により作物を作り、しかも病害虫も少なくなってきます。

翌日 自家製のEMのぼかし、生ゴミ堆肥を見ていただきました。
実は生ゴミ堆肥が失敗していて虫が沢山湧いていました。 それは作る行程で早く密閉容器に入れてしまったり、腐葉土を入れなければいけないところを、鬼まさの土を入れてしまい 乳酸菌が発酵しなければいけないところ、酵母菌が出来て優良な発酵が進まず結果虫がわいてしまいました。(大失敗でした)
P9260186_convert_20120926211643.jpg

この後 みんなで畑に行き土のpHを測ったりしてどの様な作物を植えたらよいか色々と話を聞きました。
この作物を植えようと言うより、土に合った作物を植える方が失敗が少なくなるとも言っていました。
P9260190_convert_20120926213808.jpg
pHは6位でした。

後 水田の方も見てもらい、稲を一本抜いて節目の長さや穂の粒数枝分かれの数を数えたりしました。
P9260194_convert_20120926215125.jpg

EMで栽培した玉葱の糖度を測ったら9.1ありました。来年は、この数値を上回るように作りたいと思います。
ちなみにサツマイモは、5.7でした。

P9260185_convert_20120927223040.jpg


こうして昨夜2時間と、今日午前中講習を受けて色々勉強になり 今まで手探り状態でEM農法をしてきたのが自信がついてきました。
この会は 継続していきますので、土作りから作物の生長過程も見てもらえると思います。

P9260197_convert_20120926222047.jpg

関連記事
スポンサーサイト

富士山登頂初挑戦

”富士山登頂初挑戦”


7月の中頃、何故か急に富士山に登ろうと思い立ち 家内に話して一緒に登ろうと誘ったところ、行くといってくれました。

私は、大峰山2回 愛宕山と最近山登りが楽しくなってきた頃です。しかし家内は、歩くことはほとんどなく 私は 定年前の年齢ですし、家内も4才下です。

家内は、半月ほどですが近くの山(500㍍)に毎朝練習していました。

8月29日(水)神戸から夜行バスで出発して、富士5合目に30日8:00頃到着しました。

P8300121_convert_20120918000116.jpg
この写真は1合目から山頂の方の写真です

出発するまで3時間程あり、休憩と着替えとガイドさんの説明がありました。
説明の中で、上の方へ登ると 高山病を防ぐため呼吸法が大切ですと呼吸の仕方を教えてもらいました。
(このとき、自分が高山病にかかるとは予想もしませんでした。)

P8300125_convert_20120918085230.jpg
出発直後 ツアーの方に撮ってもらった写真です。

出発後1時間登った地点です。道がジグザグになっており、歩く速度もツアー全員が登頂出来るよう2~3㎞のスピードでゆっくりと登っていきます。
P8300129_convert_20120918085959.jpg
この地点で2600メートルぐらいです。

その後休憩もしながら歩くこと5時間やっと仮眠する山小屋に到着しました。
しかし 家内が到着1時間前ぐらいから遅れだし、添乗員の方にザックを背負ってもらい何とか8合目の山小屋までたどり着くことが出来ました。 海抜3400メートルです。
(ここでの夕食は、定番のカレーです)

翌朝登頂アタックの出発時間が1:30分なので、就寝は20:00頃しました。
服を着たまま厚い寝袋に入り、寝返りも出来ない狭いスペースで男女混寝です。

P8300137_convert_20120918092259.jpg
夕食、仮眠をする山小屋に30日17:00でした。

31日0:45分に起こされ、真っ暗な中懐中電灯の灯りで出発の支度をしました。
簡単な弁当をもらい(食べられませんでした)外へ出ると結構寒かったです。(10度以下)

31日1:30分 山頂まで後 高度380メートルを3時間かけて頭にはヘッドライトを付けて闇夜の登山道を山頂アタック目指して出発しました。

幸いここまでは好天気に恵まれ、予定通り来ることが出来ました。
しかし出発直後思わぬ出来事が私を襲ってきました。
頭が痛くなり、平衡感覚が鈍りふらついて歩けなくなり 気分も悪くなり嘔吐をしはじめ立ちすくんでしまいました。

しかし後2時間で山頂まで手の届くところまで来ているので、日の出まで何とか登頂しようと歯を食いしばって家内と一緒に登り切りました。

P8310144_convert_20120918101901.jpg  P8310148_convert_20120918102140.jpg
裾野の灯りもほんのりと浮かび上がり、雲は眼下に見え 遠くの地平線から間もなく太陽が出ようとしています。(31日4:30)
そして念願のご来光です。(5:10)


今回のツアーで、脱落者が一人も出なかったことは初めてですとガイドさんから言われ、私たち夫婦も助けてもらって初めてのトライに成功し ご来光も拝め本当に奇跡のようでした。
最後まで諦めない気持ちで張ることを体験させてもらいました。

ツアーの中で私ども夫婦が2番目の高齢で、若い人と女性が多かったです。
これから夫婦で山歩きを楽しみたいと思います。

登山所要時間 : 9時間   下山所要時間2時間30分
関連記事

早巻き大根の発芽

8月27日播種した大根が芽が出ました

まだまだ暑くて、大根を蒔くには早い時期ですが12月から収穫出来るように早巻きしました。
水やりが大変だったが、31日前後ひ雨も降り見事芽が出ました。
後は、ニンニクで作った除虫液を散布しながら、生育を見ていきます。

土作りは、生ゴミボカシ堆肥と、草ボカシ堆肥を6月と8月に蒔いて中耕しておきました。


蒔いた直後に乾燥草を敷いて、畝の乾燥を防いでいます。
朝晩2回水掛をしました。
P8260114_convert_20120903191429.jpg

30日から31日にかけて雨が降ったりして見事に芽が出ました。
もう既にEM希釈液を1回かけています。
P9030155_convert_20120903195330.jpg

もう一度蒔き 2月頃まで収穫できるようにします。


蒔いてから13日たち大きくはなってきたが、葉に害虫が付き穴が空いてきたので、特製の除虫液を作りました。
それは、ニンニクをすり下ろし水で薄めた物を散布します。
まだまだテスト段階なので様子を見ながらいきたいと思います。

P9090160_convert_20120909230612.jpg
関連記事

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。