プロフィール

岡尾 喜久雄

Author:岡尾 喜久雄
淡路市久野々に於ける中山間事業のメニューの中の農業体験(NPO法人サッカー夢クラブ)とイベント(かかし祭り)、EM農法での自然栽培菜園広場、我が家の家庭菜園と掛け稲栽培の活動等を紹介させて頂きます。
又、26年度より、仁井おいしいもの部会立ち上げ、加工品作りの開発と、神戸市元町マルシェへの農産物の出荷を行っています。又、趣味の山登り、花の緑化、アウト・ドア的なものを紹介させて頂きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米の食味

米の食味をしました

今年はじめて米の食味をしてみました。
品種は「きぬむすめ」で掛け稲で作りました。


10月14日に稲こきをした米です。
PA140233_convert_20121014192516.jpg

食味の数値が下記のようになりました。
米の食味は一般的にあまり知られていないようですが、クボタの方でやっていると聞いたので今回お願いしました。
PB130311_convert_20121113173424.jpg
玄米
食味値    80ポイント
アミローズ  18.6%
タンパク質   7.5%
水分     13.9%
脂肪酸    14.4㎎


食味値が100に近い方がより美味しいのだが、80と言う食味値はまあまあ良い値だと思います。
糖度については、米の場合粘りけがあり測定値が安定しませんでした。

これから美味しい米作りをしていこうと思い、食味値が少しでも上がるように努力していきたいと思います。

こちらの田圃は有肥栽培の減農薬栽培です。

来年から一部自然農法(EM)の稲作を実施していく予定です。
関連記事
スポンサーサイト

ボカシ作り

自農研修会によるボカシ作り

今回は、ボカシと生ゴミ堆肥用のボカシ作りをしました。
新しい方5名を含め15名が参加してくれました。

ぬか4㎏と油かす1.5㎏と魚粉1.5㎏とEM活性液1.5㍑を手で混ぜて作ります。
3週間後には畑に施肥出来ます。

PB030276_convert_20121103174632.jpg

この後、生ゴミ堆肥用のボカシ作りです。

米ぬか3.5㎏と籾殻300グラムと活性英600ccを混ぜ合わせます。
行程は、通常のボカシ作りとほとんど同じです。

左の写真は、生ゴミを詰めた密閉バケツです。右は生ゴミ用ボカシです。
PB030278_convert_20121103180630.jpg

今度は、土作りです。
田畑の土(腐葉土)4㍑、籾殻の燻炭2㍑とボカシ50グラムとEM1100倍の希釈液2㍑
PB030282_convert_20121103181711.jpg

後はプランターに移して新聞史を敷き、ビニール袋でプランターを包み込む。
白い菌が発生している間は播種定職はせず、約一ヶ月くらい(夏季冬季違う)置いておく。
終わった後で みんなで自然米のおにぎりを食べながら懇親を深めました。

最後に籾殻くん炭作りの体験をしてもらいました。
PB030284_convert_20121103184036.jpg
5時間後には完成しました。
関連記事

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。