プロフィール

岡尾 喜久雄

Author:岡尾 喜久雄
淡路市久野々に於ける中山間事業のメニューの中の農業体験(NPO法人サッカー夢クラブ)とイベント(かかし祭り)、EM農法での自然栽培菜園広場、我が家の家庭菜園と掛け稲栽培の活動等を紹介させて頂きます。
又、26年度より、仁井おいしいもの部会立ち上げ、加工品作りの開発と、神戸市元町マルシェへの農産物の出荷を行っています。又、趣味の山登り、花の緑化、アウト・ドア的なものを紹介させて頂きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーマン・トマトが食べれた

嫁の友達で 今までトマトが嫌いで食べなかった方が、内のトマトは安全で美味しいと言うことで食べてみたら、美味しく食べられたと聞きました。

又 甥がピーマンが嫌いで食べず嫌いでしたが、内のピーマンは美味しく食べれたと、墓参りに来たときに聞いて 改めてEM栽培の野菜は美味しいのかなと気づかされました。

EM の希釈液で 花、芝生を育てていますが、はっきりと素晴らしい効果がでており野菜の味も美味しくなっているのだと思います。

P8150091_convert_20120817004215.jpg
この写真がEMで栽培したトマトとピーマンです。


過去にも紹介しましたが、草での堆肥づくりです。
カッターで切った草を、EMボカシを振りながら踏みしめながら積み上げていきます。
20日間に2回ほど切り返しをして、1ヶ月以上経過すると堆肥化し数ヶ月で完熟してきます。
P8150089_convert_20120817010053.jpg P8150090_convert_20120817010156.jpg


スポンサーサイト

コメント

嫌いだったのが食べられるって凄い♪

実は、義母もトマトが嫌いで、お料理には使えません。
ケチャップだと普通に食べられるのに不思議ですよね。

ピーマンも、昔のような香りのきついのは少なくなってきている気がします。
緑の万能野菜だと私は思います。ちょっとした彩りにも使えますものね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikubon2.blog137.fc2.com/tb.php/89-9c1882f7

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。